KOKO-KARA 心と体のリハビリテーション研究会
KOKO-KARA研究会について
コミュニケーション広場
SpineDynamics文献紹介
KOKO-KARA研究会主催の研修会
メールマガジン
お問い合せ
リンク
清泉クリニック整形外科
 
NPO法人ファイン
 
株式会社ゼノクロ
KOKO-KARA研究会主催の研修会
 

 Spine Dynamics 療法は、従来の Kinematics の観点から体系立てた治療概念に、新しく Kinetics (運動力学)の観点を深く組み入れた「治療体系」を特徴とします。

 Spine Dynamics 理論と実践を、より深く学び、臨床で幅広い疾患に適応できるレベルに到達して頂くために、論理と実践をコース分けいたしました。

 入門編は、Spine Dynamics 理論から拘縮・変形が重力トレスによる生体順応反応であることを、成因プロセスから学び、臨床観点の変革(パラダイムシフト)が必要であることを会得します。

 ベーシックコースは、Kinetics 観点から共通する慢性疼痛疾患の学術的特徴を学び、論理に沿った実践法を体感・会得します。

 さらにアドバンスコースは、心と体をつなぐ自律神経機能回復の理学療法と臨床で行う特殊筋力トレーニング法の修得が加わり、基本的な Spine Dynamics 療法全てを実践できるレベルを目指します。

 マイスターコースは、疾患の物理的成因プロセスのみならず精神プロセスまで併せたアプローチ法(エネルギー医学的手法)を学び、スキルアップのための症例検討を重ね、高い実践レベルを目指すインストラクター養成初期講座でもあります。

 各コースに共通し得られる臨床成果(目標)は以下のようになります。
  1. 病態の成因像を、重力ストレスによる身体応答の物理的因果関係から評価や治療実践が可能となる。
  2. 病気に至った物理的成因プロセスと精神プロセスを評価・治療できるようになる。
  3. 痛みに対する即効的な技術(運動療法、徒手療法)を体得できる。
  4. 四肢の ROM 制限、筋出力抑制(筋力低下)の成因を評価、即座に回復できるようになる。
  5. 慢性疾患を許している心身環境を評価でき、成因プロセスを生活習慣因子まで特定することができる。
 全コース修了するとマイスターとして『認定証』を授与いたします。
 また、各県世話人による研修会開催時は内容がどのコースに当たるかを明記しますので、受講したいコースを選択してください。
 ご質問はこちらへどうぞ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

  1 Spine Dynamics療法 入門編T(座学)

 
  副      題 Spine Dynamics療法理論によるパラダイムシフト
  研 修 概 要 Spine Dynamics原理の臨床観点を学ぶ。Kineticsから観た「拘縮・変形」は、重力ストレスによる身体応答、つまり生体順応反応であることを学ぶ
  研修の到達目標 拘縮・変形の成因プロセス(機能的問題点)治療イメージの獲得。Spine Dynamics原理を知る
  必 要 時 間 3〜6 時間
  研 修 内 容 拘縮・変形の観点と成因イメージの獲得
Spine Dynamics原理の理解
以上の実技デモンストレーションによる検証
  研 修 配 分 講義 90%、デモ 10%
  そ  の  他 座学、デモベッド 1台
 
 

  2 Spine Dynamics療法 入門編U(実技)

 
  副      題 重力ストレスによる身体応答を実技にて検証・体感する
  研 修 概 要 四肢の筋出力低下(MMT)と関節可動域障害(ROM)を体幹の関節アプローチ(極微弱ドーゼ)で改善できることを確認・検証していく
  研修の到達目標 脊柱機能(支持性・柔軟性)と四肢筋出力・ROMの関係を体感・検証し、Spine Dynamics原理イメージを養う
  必 要 時 間 3〜6 時間
  研 修 内 容 Spine Dynamics原理
応用実技検証(仙腸関節)
  研 修 配 分 講義 10%、応用実技 90%
  そ  の  他 3人1組(ベッド 1台)
 
 

  3 Spine Dynamics療法 ベーシックT(座学)

 
  副      題 慢性疼痛疾患治療のアカデミックコース
  研 修 概 要 Spine Dynamics原理の理論的・学術的背景を学ぶ
また運動療法の効果を体感・検証していく
  研修の到達目標 Spine Dynamics療法の方法論(評価・治療法)を理解する
  必 要 時 間 6〜9 時間
  研 修 内 容 学術的理論背景
実技デモンストレーションによる検証
  研 修 配 分 講義 90%、デモ 10%
  そ  の  他 座学、デモベッド 1台
 
 

  4 Spine Dynamics療法 ベーシックU(実技)

 
  副      題 慢性疼痛疾患治療のアカデミックコース
  研 修 概 要 Spine Dynamics理論から脊柱弯曲運動と四肢機能の関係を体感・検証していく
  研修の到達目標 体幹治療による四肢全関節の筋出力・可動域改善を確認できる
  必 要 時 間 3〜6 時間
  研 修 内 容 Spine Dynamics各種運動療法実践
脊柱弯曲運動改善のための徒手テクニック
  研 修 配 分 講義 10%、応用実技 10%
  そ  の  他 3人1組(ベッド 1台)
 
 

  5 Spine Dynamics療法 アドバンスT(座学)

 
  副      題 体性・自律神経機能 と Spine Dynamics 療法
  研 修 概 要 Spine Dynamics療法の筋力トレーニング法・自律神経機能評価治療法・自己医療について学ぶ
  研修の到達目標 臨床現場で有用なSpine Dynamics療法の基礎的各手法を学ぶ
  必 要 時 間 6〜9 時間
  研 修 内 容 講義
症例検討ディスカッション
実技デモンストレーション
  研 修 配 分 講義・ディスカッション 70%
実技デモンストレーション 30%
  そ  の  他
 
 

  6 Spine Dynamics療法 アドバンスU(実技)

 
  副      題 体性・自律神経機能 と Spine Dynamics 療法
  研 修 概 要 Spine Dynamics療法の特殊筋力トレーニング法・自律神経機能治療法を実践確認していく
  研修の到達目標 臨床現場でSpine Dynamics療法の手法全てを実践できる
  必 要 時 間 3〜6時間
  研 修 内 容 実技デモンストレーション
臨床でのSpine Dynamics療法の全てを理解・実践可能とする
  研 修 配 分 講義・ディスカッション 70%
実技デモンストレーション 30%
  そ  の  他 3人1組(ベッド 1台)
 
 

  7 Spine Dynamics療法 マイスター

 
  副      題 Spine Dynamics原理を学ぶ(エネルギー医学基礎を学ぶ)
  研 修 概 要 Spine Dynamics療法原理のエネルギー医学を理解する
  研修の到達目標 障害の物理的成因プロセス評価治療と精神プロセス評価が可能なレベル
  必 要 時 間 6〜9 時間 × 5回
  研 修 内 容 講義
ディスカッション(症例検討・学術デザイン構築)
コース終了後、筆記および実技試験にて認定証授与
  研 修 配 分 講義・ディスカッション 70%
実技デモンストレーション 30%
  そ  の  他 座学と応用実技
 
 
 
 
Copyright(C) 2009 心と体のリハビリテーション研究会 All Rights Reserved.